ビットコインの将来性について

ビットコインに代表される仮想通貨は、法定通貨と異なり実物がありませんが、その特性には投資案件以外の様々な可能性を秘めており、将来性は高いといえます。
では、その将来性を担保するであろうポイントについて見ていきましょう。

一つ目は、「仮想通貨の技術が進化し続けている」。
ビットコインのマイニングには多くのエネルギーが必要なので、マイナーが中国など電気代の安い国に偏りがちという弊害があります。
そこで、ブロックチェーンを使わずに取引する技術である「ライトニング・ネットワーク」が開発されています。
これが実装されると、マイニングをしなくてもよくなるので、大量のエネルギーを必要としなくなり、迅速な取引が可能になります。

二つ目は、「新規参入者が増えている」。
ビットコインは、投資案件のみならず決済や送金の手段としても有用です。
今後は法整備なども進むと思われるので、新規参入者は増える傾向にあります。
そうなると、ビットコインの価値は上がることになりますが、今はまだ懐疑的に見ている人も少なくありません。
ですから、今のうちに買っておくことで、将来的に利益を得られる可能性は高いといえます。

三つ目は、「仮想通貨法の施行」。
ビットコインなどの仮想通貨が発展してきたことで、2017年の4月から「仮想通貨法」という法律が施行されました。
この法律では、仮想通貨取引所が行う「仮想通貨交換業」について定義していますが、この法律が施行されたことで、仮想通貨交換を行う業者は、金融庁の認可を受けなくてはならなくなりました。
コインチェックの不正流出が起きてから、仮想通貨交換所への取り締まりは厳格になり、行政処分や業務停止命令を受けた所もあります。
こういった流れの中で、これからはセミナーを通じた詐欺コインの販売などについても、厳格な取り締まりがなされると見てよいでしょう。

四つ目は、「ブロックチェーン技術は、他の分野にも応用できる」。
ビットコインの核であるブロックチェーン技術は、他の分野にもいろいろな形で応用されています。
例えば、「アートブロックチェーン」という、インターネット上におけるアート作品を本物か偽物か見分けるというシステムが作られています。
アートブロックチェーンを使うと、対象であるアート作品の遍歴を調べることができます。
アート作品に対してなされた改変を、日時も含めて全部を読み取ることが可能なので、偽物が作られるのを防げるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です