あえて暴落した頃に株式取引する

株式取引している方は、よく暴落を警戒しています。テレビなどを見ていますと、たまに株価が暴落したというニュースが流れる事もあるでしょう。確かに暴落は要注意なのですが、逆にそれはチャンスでもあります。

株価の暴落が警戒される理由

株式取引で暴落を警戒する理由は、もちろん損失です。まとまったお金を捻出して株券を買ったものの、株価が大きく暴落してしまえば、大きな含み損が生じてしまうでしょう。株を持っている本人からすると、それは少々困ります。
例えばある時点での株価は、7,000円だったとします。そのタイミングで株券を1,000枚買いました。その時点での金額は、もちろん700万円になります。
ところが時間がしばらく経過したら、株価は6,500円になってしまいました。実際、それぐらい下がる可能性はあるのです。その場合は資産が650万円になり、50万円分の損失になるでしょう。50万円も減る以上、確かに暴落は軽視できません。

暴落は株を買うチャンス

しかし暴落は、ある意味チャンスという声もあります。見方を変えますと、安売りセールが加速しているとも言えるからです。
そもそも身の回りの商品の値段を見てみると、たまに非常に安くなる事があります。お店側の都合があって、安売りセールが行われる事もあるでしょう。普段は1,000円で売っている商品なのに、セールによって750円にまで値下げされる事もよくあります。
もちろんセールが行われている時は、買い時とも言えます。普段よりは安く買えるに越した事は無いでしょう。
株価の暴落も、ある意味それとよく似ています。普段は株価が高くて買えない銘柄でも、一旦暴落してくれれば、安く買う事ができるからです。
という事は、株価の暴落は買いチャンスであるとも言えます。ある程度暴落が続いて、株価が落ち着いてきたタイミングで買う方法もあるでしょう。

暴落した後は上昇する事も多い

そもそも暴落は、ずっと続くとは断言できません。日経平均などをチャートで確認してみると分かりますが、一旦は株価が暴落した後は、また上昇していくケースが多いです。いわゆるリバウンド上昇です。
以上を踏まえると、あまり株価が高いタイミングで株式取引しない方が良いでしょう。むしろ暴落が発生して、ある程度は株価が下がってきたタイミングで買う方が、利益率を高められる可能性がある訳です。株の基本は、安く買って高く売る事です。普段からチャートを注視して、安くなった頃に仕込んでみると良いでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です