ビットコインはアビトラージでも利益を上げられる!

各取引所のビットコインの価格を眺めていると、不思議なことに気が付きます。同じビットコインのはずなのになぜか取引されているか価格が違います。これは各取引所によって、取引量や売買する人に違いあるためです。

実はビットコインには、この価格差を利用して利益を上げるる方法が存在しています。どんなものかというと、ビットコインの価格の安い取引所でビットコインを購入して、価格の高い取引所に売却するという方法です。こちらはアビトラージと呼ばれています。値動きを見て、売るか買うかと迷うことなく利益を出せる取引方法として注目されています。

例えば、A取引所で1BTCが99万円で取引されていたとしましょう。ところがB取引所では、1BTCは100万円で取引されています。このときA取引所で1BTCを購入して、B取引所に売却すると100万円-99万円で1万円の利益になります。

このアビトラージなら難しい値動きを読んでビットコインを売買し、利益を獲得していくという苦労もありません。このため、誰にでも利益を上げられるチャンスがあると言えるでしょう。価格差は通常なら1000円以上も違えばいいほうで、大きくても1万円ほどと少ないものの価格差を見つけるだけで済みます。手数料のことも考えなくてはいけませんが、利益を生み続けることも不可能ではありません。

しかし、先に紹介した方法では、取引所間の送金に時間がとられると価格変動するというリスクがあります。ビットコインの送金には、少なくとも10分はかかってしまいます。A取引所で100万円で購入したビットコインを売ろうとしたときにB取引所のビットコインが99万円に下がってしまうこともあるかもしれません。これでは逆に損をしてしまいます。

このリスクを回避するために、同時決済をするという方法もあります。アビトラージをするならいちいち送金するよりも、こちらのほうがおすすめです。

同時決済する方法ではAとB取引所の口座を開設し、AとBの各口座にIBTCと1BTC購入に必要な資金を入金しておきます。そして、ビットコインの価格差をチェック。価格差が大きく出ているときを見計らって、価格の低いほうの取引所でビットコインを購入し、価格の高いほうの取引所でビットコインを空売りします。

もしもA取引所で1BTCを99万円で購入し、B取引所で100万円でIBTCを売却できたとすると、この価格差1万円が利益です。その後、A取引所のビットコインをB取引所に送り売り渡すとお金を受け取れます。そして、儲けた利益をA取引所に入金して、再び価格差が開くタイミングを待ちます。こうすると、送金にかかる時間のリスクも回避できるでしょう。

アビトラージをするときのおすすめ取引所はLiquidとBitbakです。
Liquidはビットコインの価格が他の取引所よりも低めで、Bitbankは逆に高めです。アビトラージを始めるときには、まずこの2つの口座を開設してみてもいいかもしれません。

ビットコインに限らず、仮装通貨は共通のインフラが整っておらず、各取引所間に価格差がありアビトラージをしやすい環境にあると言えます。
ビットコインをに興味がある方はまずはアビトラージから始めてみてもいいかもしれません。